スピーカーシステム SB-G90M2

グランドクラス スピーカーシステム SB-G90M2

Technicsの点音源・リニアフェーズ思想を継承し、さらに進化。
正確な「動」、不要振動・不要音のない「静」を徹底的に追求したSB-G90M2で
新たな音の領域を切り拓く

点音源・リニアフェーズのTechnics思想を受け継ぎ
新技術でユニット・エンクロージャーの理想形を追求。
明瞭な音像定位と滑らかにダイナミックな「動」を正確に再現するユニット。
そのユニットを支えるエンクロージャーには「静」を追求した、
不要振動を排除する重心マウント構造とエンクロージャー内で発生する
定在波を効率的に除去する独自の音道構造。

この「動」と「静」の理想形を、
理論と聴感から徹底的に追求することで、
音の躍動感、音楽が生まれる感動の瞬間をお届けします。

徹底的に正確な動作を追求するユニット 

 

明瞭な音像定位と滑らかで潤いのある音を実現する新開発の同軸2ウェイユニット
「Advanced Phase Precision Driver」

空間表現に優れた音の再現には、どの位置で聴いてもスピーカーユニットから放射される波面が揃っていることが重要です。これを実現するための理想的な手法のひとつが点音源化となります。SB-G90M2では、Technicsが追求する点音源・リニアフェーズ思想を継承しながら、新たに同軸2ウェイユニット「Advanced Phase Precision Driver」を開発しました。ツィーター部には高域の位相を整える「Linear Phase Plug」、ミッドレンジ部には、浅型振動板と新形状のエッジで構成される「Smooth Flow Diaphragm」を導入。これらの技術を搭載した「Advanced Phase Precision Driver」によって、明瞭な音像定位と滑らかで透明感のある中高音、広いサウンドステージを実現しました。

 

高域の位相ずれに起因する特性の乱れを補正する
「Linear Phase Plug」

ツィーターの前方に、高域の位相特性を補正する「Linear Phase Plug」を配置しました。振動板のドーム高さ起因の位相差を補正する機能、振動板周辺部の波面進行と揃える機能、生成した球面波を整える機能の3機能を持つ独自形状となっています。フェーズプラグ先端部には高弾性率・高比重な真鍮材料を採用し、ミッドレンジユニットの振動の影響でフェーズプラグが不要振動することを防いでいます。これらにより、指向性が広く低歪みで透明感のある高域再生を実現しました。

Linear Phase Plug

Linear Phase Plug

同軸2ウェイユニット

同軸2ウェイユニット

Linear Phase Plug周囲の断面

Linear Phase Plug周囲の断面(イメージ図)

Linear Phase Plug使用時の波面(シミュレーション動画)

 

広いサウンドステージと滑らかで潤いのある中高域を実現する
「Smooth Flow Diaphragm」

音波は、伝達する面に凹凸があるとその形状によって波面が乱され周波数特性の劣化にもつながります。特に波長の短い高周波ほど特性影響を受けやすい性質があります。そこで、同軸2ウェイユニットのミッドレンジ部には浅型振動板を採用するとともに、エッジの形状によって波面が乱され周波数特性が劣化することを抑えるために振動板からバッフルまでスムーズにつながる形状としました。浅型振動板は分割共振が低い周波数で発生しやすくなるため、振動モードや周波数応答解析に基づき、振動板外周部に折り返しの補強構造を設けたり中心部にサブコーンを追加したりするなどの工夫を加えました。この「Smooth Flow Diaphragm」により、広いサウンドステージと滑らかな中高域を実現しました。

SB-G90M2の同軸ユニット周囲の断面図

SB-G90M2の同軸ユニット周囲の断面図(イメージ図)

 

大振幅でも低歪みを実現したウーハーユニット
「Low-distortion and Long-stroke 16cm Woofer」

ウーハーユニットは16cmユニットを2基搭載。磁気回路には高い駆動力を生み出すダブルマグネット、ロングボイスコイル、銅リングなどを採用。ロングストローク設計により、ダイナミックレンジの広い低音再生においても、大振幅まで低歪みでレスポンスに優れた再生を実現しました。さらにフレームは共振分散型支持構造とした強靱なダイカストを採用。わずかな不要共振までも徹底して排除しています。これらにより、高解像度で瞬発力の高い低音再生を可能にしています。

ウーハーユニット

ウーハーユニット

 

振動板素材をアルミニウムとし、各ユニットの音色を統一
「All Aluminium Diaphragms」

ウーハーユニットの振動板は、同軸2ウェイユニットのツィーターとミッドレンジと同じく、アルマイト処理を施したアルミニウム材を採用して音色の統一を図っています。リニアフェーズ思想と相まって、3ウェイ4スピーカーでありながらフルレンジユニットのようなまとまりの良い音に仕上げました。また、すべてのユニットで低歪化を追求することで、広帯域にわたりスムーズでバランスの良い音で音楽を愉しめます。

不要振動・不要音を徹底排除 

 

振動解析技術により「重心マウント構造」を進化。
音の粒立ちに優れ、立体的な音場を実現
「Balanced Driver Mounting Architecture」

SB-G90で開発した「重心マウント構造」を引き続き採用しています。これはユニットの正確な動きを支え、粒立ちの良い音・立体的な音場を実現します。この構造ではユニットの固定方法が一般的なものと異なり、エンクロージャー内部にスピーカーマウントバッフルを設け、ユニットを重心位置で固定・支持しています。それにより、振動板が振幅したときのユニット自身の揺れが低減され、振動板の上下左右のブレを抑制します。

重心マウント構造

重心マウント構造

 

ユニットの正確な動きを支えるスピーカーマウントバッフル
「Speaker Mount Baffle」

ユニットの揺れや駆動ロス低減を徹底するためにスピーカーマウントバッフルは最適化されています。厚さ21mmのMDFを使用しており、同軸2ウェイユニットとウーハーユニットとの相互の干渉を排除するために間で分断しています。2基のウーハーの固定には、SB-G90では複数に分かれていた構造を1枚板にするとともに、約40mmに厚みを増した底板まで貫通することで高剛性化しています。加えて、振動モード・応力解析などを基に、強度を保ちつつエンクロージャー内部の空気の流れを損なわない形状に最適化。それによりユニットの背面放射音の流通性が向上し、優れたレスポンスを実現しました。

 

筐体内の定在波を効率的に除去する構造を新開発。
より生き生きとした自然な中低音を実現
「Standing Wave Termination Structure」

新開発の「Standing Wave Termination Structure」は吸音材の使用量を減らし、音楽表現に必要とされる情報量を活かしきって、躍動感に溢れた音楽の描写を実現します。定在波を除去するために一般的にはエンクロージャー内に多くの吸音材を配置しますが、吸音材は定在波以外の音も吸音してしまうため、再生音の躍動感が損なわれてしまいます。この新構造では単一断面のシンプルな音道をエンクロージャーの下部に設けています。音道構造内の粒子速度が速くなる位置に適切に吸音材を配置することで、共振ピークの原因である定在波を最小限の吸音材で効率良く除去します。

吸音材
 

不要共振と不要振動を排除する高剛性エンクロージャー
「High-rigidity Cabinet」

重心マウント構造の効果を最大限引き出すために、スピーカーマウントバッフルに水平補強板を組み合わせた強靭なクロス構造にしています。「Standing Wave Termination Structure」を下部に設けたことによる低重心化のほか、筐体全体の振動を受け止める約40mm厚の底板は、音楽のエネルギーを逃さずに受け止め不要な低域振動を排除します。また、ネットワーク回路基板はユニットとは音響的に分離された空間に収め音響振動の影響を低減することで、伝送ロスが抑えられています。外観には艶やかな光沢をもったポリウレタン塗料を使った重ね塗りを施し、振動低減や不要な音の濁りの解消にも貢献しています。

質感豊かな光沢仕上げ

質感豊かな光沢仕上げ

その他の特長

バイワイヤリング対応の金メッキスピーカー端子
「Bi-Wiring Speaker Terminal」

ウーハーユニットを駆動することでウーハーユニットのボイスコイルに駆動信号とは逆向きの電流が流れます。その逆電流が中高域ユニットに流れ込むのを防止するため、ウーハーユニットと中高域ユニットをそれぞれ個別のアンプで駆動することで、中高域へのウーハーユニットの影響をなくします。背面のスピーカー端子は、バイワイヤリング接続に対応したスピーカー端子を採用。ウーハーユニットが中高域へ及ぼす影響を除去するバイワイヤ接続(2台のパワーアンプを使ったバイアンプ駆動)に対応しています。音質劣化を防ぐ金メッキ加工の真鍮削り出し品を使用、透明感のあるクリアな音を実現しました。また、シングルワイヤリング時に使用するショートワイヤにはOFC(無酸素銅)スピーカーケーブルに金メッキのYラグ端子を使用しており、細部に至るまで音質にこだわって音質劣化の少ない高品位なパーツを使用しています。

バイワイヤリング対応のスピーカー端⼦

バイワイヤリング対応のスピーカー端⼦

純度の高い音を再現する高品位パーツ採用のネットワーク回路
「High Quality Network Circuitry」

スピーカーの音質にも大きく影響するネットワーク回路は、優れた特性を持つメタライズドポリプロピレンタイプのコンデンサーや低歪化に効果の高い空芯コイル、積層鋼板コア型コイル、OFC(無酸素銅)スピーカーケーブルなどの高品位なパーツを投入し音の純度を高めています。

ネットワーク回路

ネットワーク回路

同軸2ウェイユニット構成部品を最適化。不要振動・ノイズを低減する
「Highly analyzed and optimized components」

正確な音像定位を実現するため、同軸2ウェイユニットを構成する部品の不要振動やノイズを排除しました。スペーサーやグロメットなどの構成部品を細部にわたって解析し、形状を最適化しています。

真鍮製スパイクと受け皿を各4個付属
「Spike and Spike shoe」

真鍮製のスパイクと受け皿を各4個付属。安定した設置を可能にするほか、床からの不要な振動の伝播を抑制し、音への影響も低減します。

真鍮製スパイクと受け皿

真鍮製スパイクと受け皿

 

Specificationスペック

形式
3ウェイ4スピーカー バスレフ型
(同軸2ウェイ ミッドレンジ/ツィーター内蔵)
使用スピーカー
ウーハー:16 cmコーン型×2
ミッドレンジ:同軸16 cmコーン型×1
ツィーター:2.5 cmドーム型×1
クロスオーバー周波数
500 Hz、3.4 kHz
再生周波数帯域
33 Hz~90 kHz(-10 dB)
出力音圧レベル
86 dB(2.83 V/m) 83 dB(W/m)
インピーダンス
4 Ω
許容入力(IEC)
100 W(定格)、200 W(最大)
推奨パワーアンプ出力
40~200 W
許容動作温度
0 ℃~40 ℃
許容相対湿度
20 %~80 % RH(結露なきこと)
外形寸法(幅×高さ×奥行)
292 mm × 1114 mm × 366 mm(スパイク使用時)、
292 mm × 1093 mm × 366 mm(ゴム脚使用時)
質量
約35 kg(1本)
カラー
-K(ブラック)
付属品
スピーカーネット×1、スパイク×4、スパイク受け×4、
スペーサー×4、スタンドベース×4、スタンドベース用ネジ×12、
ゴム脚×4、ショートワイヤ×2、クリーニングクロス×1
*IEC60268-5 Short Term Max試験規格で確認

SB-G90M2

メーカー希望小売価格 298,000円(税込)1本

  • Technics SB-G90M2

    ステレオサウンドグランプリ2021

  • Technics SB-G90M2

    審査員特別賞
    新開発の同軸2ウェイ・ユニット
    「Advanced Phase Precision Driver」を搭載した
    フロア型スピーカーに対して

  • Linear Phase Plug

    企画賞
    同軸ユニットの高域の位相ずれを補正し、
    低歪みの高域再生を実現する真鍮製プラグの開発に対して

  • Technics SB-G90M2

    スピーカーシステム/フロア型
    (ペア55万円以上75万円未満)

  • Technics SB-G90M2

    スピーカーシステム

  • Technics SB-G90M2

    スピーカー部門Ⅳ
    (ペア40万円以上70万円未満)3位

SB-G90M2

Galleryギャラリー

  • 製品紹介Topページへ
  • 音楽を愛するあなたに、届けたい体験がある。Technics Sound Trailer
  • Technics 50th Anniversary
  • 試聴室ページへ
  • 商品は改善のため予告なく仕様・設計・外観・デザイン・価格等の変更を行う場合があります。

Back to top