ミュージックサーバー ST-G30

グランドクラス G30 Series ミュージックサーバー ST-G30

圧倒的な音質、優れた操作性をもたらす
Hi-Fiミュージックサーバー
ピュアオーディオとしての音質、使いやすさを追求

ピュアオーディオとしての音質、使いやすさを追求した

Multi-Function Music Server

ネットワークオーディオ再生には欠かせない楽曲を保存するストレージ。Technicsはこのストレージさえもオーディオ機器の一部であると考え、ピュアオーディオのためのミュージックサーバー、ST-G30を開発しました。NASとしての機能と低ノイズや信頼性の高いデータ伝送を実現するだけでなく、CD取り込みのためのドライブも搭載。PCを使わずにタブレット/スマートフォン用アプリの「Technics Music App」を使ってCDリッピングをはじめ、格納した楽曲データの管理・編集などが快適に行えます。さらにCDからリッピングした音楽データは、インターネット上の音楽データベース(Gracenote®)から楽曲情報を自動で取得し、取り込みます。ST-G30とネットワークオーディオアンプSU-G30を連携して使うことで、PCを一切使わずにハイレゾ音源やCD音源、MP3などの圧縮音源の入手/管理/再生を一括して操作可能。PCや一般的なNASを使うことによるノイズの悪影響の懸念を一掃し、高音質再生のためのピュアな環境を実現します。

ST-G30接続図
忠実度の高いCDリッピング機能

忠実度の高いCDリッピング機能

Bit-Perfect Ripping

CDリッピングでは、ディスクに記録された音楽のデジタル情報を可能な限り忠実に読み取ることが重要です。ST-G30では、自社製の高性能光学ドライブを使い、盤面のキズや汚れなどが原因でデータ補完の必要なトラックが生じた場合にはエラーと判断して、ドライブのサーボ特性、ディスク回転数などの特性を再調整し、最大5回まで再読み取りを行います。リッピングを行うソフトウェアと光学ドライブを連携させることで、通常ならば読み取りエラーとなるような場合でも高い精度での読み取りを可能にしました。
さらにリッピングしたデータは、インターネット上のデータベース「AccurateRip」でハッシュ値を照合し、比較検証を行って完全なリッピングができているかを確認します。ソフトウェアのみで行うPCでのリッピングと比べ、より精度の高いリッピングが快適な操作で行えます。また、CDリッピングで読み出したリニアPCMの楽曲データは、非圧縮のWAV形式、ロスレス圧縮のFLAC形式を選択してストレージに保存できます。さらにFLAC形式で保存する場合には、好みに応じて圧縮レベルを9段階(0〜8)から選択可能です。

精度の高いリッピング説明図
DSD11.2MHz対応、多彩な音源の配信・USB出力が可能

DSD11.2MHz対応、多彩な音源の配信・USB出力が可能

High-Resolution Audio Streaming

DLNAでの音楽データ配信では、WAV/AIFF/FLAC/ALACといったハイレゾフォーマットに加え、DSD音源の配信にも対応。USB オーディオ出力の場合は、リニアPCM最大384kHz/32bit、DSD最大11.2MHzの出力ができます。

※DLNAに準拠しているプレーヤー/アンプとの接続が可能です。
※DLNAに準拠していても、一部の機種で接続できない場合があります。

pdf USB再生動作確認済機器について[PDF:68KB]

再生可能音源対応表
CDドライブ動作時の静音化・低振動化を徹底

CDドライブ動作時の静音化・低振動化を徹底

Rigidly-Mounted Sheltered Drive

駆動時の回転振動が大きい光学ドライブは、2重構造シャーシの上にドライブベースを重ねた3層構造でさらに振動対策を徹底。筐体中央にリジッドでマウントすることで振動やノイズの発生を抑えます。さらに、ドライブ本体は静音ドライブシェルターに格納して徹底した静音化を図り、ディスク回転時の風切り音やモーターの駆動音など不快なノイズを大幅に低減。リッピング中でも、快適に音楽再生が楽しめます。また、SSDのマウント部も鋼板による高剛性ベースを備え、SSDを格納する着脱式トレイを強固に固定するケース構造として、厳重な振動対策を施しています。

ST-G30の内部基盤イメージ
振動対策を徹底した3層構造の光学ドライブ
厳重な振動対策を施したSSDのマウント部
強固なシャーシを採用し、耐振性を徹底して追求

強固なシャーシを採用し、耐振性を徹底して追求

High Rigidity Metal Double Chassis

ST-G30は、鋼板インナーシャーシと鋼板アウターシャーシの2重構造となる高剛性金属2重構造シャーシを採用。底面には2mm厚の鋼板を配置し、機器の制振性向上と低重心化を図っています。フロントパネルは電磁ノイズによる影響を受けにくい7mm厚のアルミ材、側板は3mm厚のアルミ材を採用。さらに、インシュレーターは剛性が高く、振動減衰性に優れた鋳鉄製とし、外来振動および外部へ与える振動を徹底的に低減しています。

高剛性金属2重構造シャーシイメージ
鋳鉄製インシュレーター
防振対策を施したカスタムメイドのSSD。着脱式で将来のグレードアップにも対応

防振対策を施したカスタムメイドのSSDストレージ。着脱式で将来のグレードアップにも対応

高音質再生のために防振対策を徹底

Custom Made SSD

ST-G30では、音楽データを格納するストレージとして、物理的な稼働部分がなく、振動と動作音が発生しないSSDを選択。オーディオ用として専用に開発したカスタムメイドSSDを搭載しました。軽さを優先して耐振動性などに配慮していないことが多い、一般的なPC用のSSDに対し、ST-G30用に新開発した専用SSDは強度を高めたアルミケースを採用し、さらに内部に振動を吸収するダンパーを配置。徹底した防振対策を施すことにより、濁りの少ない再生音を実現しています。

専用カスタムメイドSSD

着脱式により将来のアップデートに対応

Detachable Storage

SSDは着脱可能な機構を採用。将来的な音楽ライブラリ容量の増加などに応じて、SSDを換装可能です。将来のアップグレードに対応することで長期に渡って安心してお使いいただけます。もちろん、着脱用のSSDトレイもPC用の軽量・薄型のものでななく、厚い鋼板を使った強固な構造とし、しっかりとSSDを固定できるものを新開発しました。ネジひとつで着脱できる使いやすさは維持しながら、万全の振動対策を実現しています。

着脱可能なSSDトレイ
音質劣化の少ない正確なデータ伝送を実現

音質劣化の少ない正確なデータ伝送を実現

Low Noise USB Transfer

ネットワーク回線を使ったDLNAでのデータ伝送は、プレーヤー側での信号デコード処理、パケット処理などの負荷が発生し、電圧変動などによる音質劣化の要因となります。ST-G30は、LAN接続によるネットワークオーディオプレーヤーとの接続のほか、USBオーディオ出力により、SU-G30と直接USBケーブルで接続して音楽を再生することもできます。信号のデコード処理はST-G30側で行うため、USB-DAC側の処理負荷を下げることができ、音質劣化の少ないデータ伝送が可能です。LAN回線の状況やブロードバンドルーターの影響を受けることもなく、より純度の高い再生が楽しめます。

*当社製機器との動作を保証しています。

SU-G30とST-G30構成図
クリーンな電源供給により、ノイズの影響を低減

クリーンな電源供給により、ノイズの影響を低減

Separate and Stable Power Supply

ST-G30の電源部は、データ格納ブロック、USBオーディオ出力ブロック、システムLSI制御/フロントパネル・インジケーターブロックの3系統に電源出力を独立し、各ブロックの相互のノイズの影響を低減しています。高い供給能力とピーク電流への高い追従性が求められるデータ格納ブロックへは、カスタム仕様の大容量ブロック電解コンデンサーを採用し入念な音質チューニングを行いました。またクリーンな電源供給が求められるUSBオーディオ出力へは、安定化電源回路を搭載するなど、各ブロックに合わせた最適な電源回路を備えます。

ST-G30の電源部
電源供給イメージ図
ノイズ低減により、高純度な音の再生を実現

ノイズ低減により、高純度な音の再生を実現

Digital Noise Isolation Architecture

接続したさまざまな機器に質の高い楽曲データを出力するミュージックサーバーでは、楽曲データにノイズを混入させない徹底したノイズ対策が必要です。ST-G30では、各デジタルインターフェースごとにアイソレーションを行う設計を施しました。インポート/バックアップ用USB、LAN、SSDの電源分離に加え、LAN、SSDには音質を吟味したパワーコンディショナーを搭載。これにより、各ブロックが相互に与えるノイズの影響を低減します。さらに、LANインターフェースにはコモンモードフィルター、大容量パルストランスを使用し、厳重なノイズ対策を行っています。

デジタル安定化電源用ブロック電解コンデンサー デジタル安定化電源用
ブロック電解コンデンサー
USB専用電源 USB専用電源
パワーコンディショナー パワーコンディショナー
LAN用パルストランス LAN用パルストランス
徹底したノイズ対策を行う緻密なシステムLSI

徹底したノイズ対策を行う緻密なシステムLSI

動作モードに応じてノイズを最小化し、音の純度を高める

Optimally Activated Circuit System

音楽再生中の音質劣化の原因であるノイズの発生源となるネットワーク回路、USBインターフェース、光学ドライブなど、使用時の動作に合わせてシステムLSI動作の制御とCPU負荷を抑制する「Optimally Activated Circuit System」を採用。例えば、リッピングを行わない場合には光学ドライブの電源をカットするなど、使用しない回路やインターフェースを停止し、不要なノイズの発生をなくします。また、音楽再生時に機器内で発生するノイズを最小化し、音の純度を高めます。

高い処理能力で高音質と使いやすさを両立

Dual Core System LSI

システム全体の制御を行うシステムLSIには、処理能力に優れたデュアルコアチップを採用。ノイズ低減のためのさまざまな制御を行うだけでなく、リッピング中や楽曲データのダウンロード中でも音楽再生を行えるといった同時操作も実現。高い処理能力を得ることで、高音質と快適な使いやすさを両立しました。

快適な音楽再生、楽曲管理が行える多彩な機能

快適な音楽再生、楽曲管理が行える多彩な機能

あらゆる操作が、シームレスに行える

Technics Music App

タブレット/スマートフォン用アプリ「Technics Music App」を使えば、CDのリッピング操作、取り込んだ楽曲の管理をはじめ、各種設定など、あらゆる操作を手元のディスプレイを見ながら手軽に行うことができます。さらに、このアプリひとつでSU-G30も操作することができ、聴きたい曲を選んで、シームレスに再生可能。PCでの操作を必要としない、快適な操作性を実現しました。

オーディオ用に使い勝手を高めたカスタム仕様

DiXiM Media Server

サーバー用ソフトウェアには、長い歴史と実績をもつDiXiM Media Serverを採用し、オーディオ用としてカスタマイズを施しました。電源オフ状態からの起動が約30秒と高速で、音楽を聴きたいときに素早く使用できます。ストレージに保存した大量の楽曲データの検索は、アーティスト/アルバムといったソートに加え、WAVやFLACといったコーデックやファイル形式による分類、最近追加した楽曲、最も再生された楽曲などによる充実したナビゲーション機能を備えます。また、アプリの画面に表示されるアルバムアートは解像度制限をなくし、高解像度の画像を美しく表示できます。また、高性能システムLSIの採用により、USB3.0端子を使ったファイルのインポート/バックアップの高速化も実現しています。

e-onkyo musicから手軽に楽曲購入が可能

Auto Music Download

ハイレゾ楽曲の配信サービス「e-onkyo music」と連携し、スマートフォンなどを使って購入したハイレゾ音源をST-G30の内蔵ストレージに自動でダウンロードする機能も搭載。PCで「e-onkyo music」にアクセスしPC内にダウンロードした楽曲をST-G30にコピーするといった手間がなく、より快適でスムーズに音楽再生を楽しめます。

Specification スペックスペック

電源
AC 100V、50/60 Hz
消費電力
28 W
寸法(幅×高さ×奥行)
430×98×391 mm
質量
約 11.0kg (ST-G30L:約 10.9kg)
カラー
-S(シルバー)
入出力端子
USB 接続端子 USB-AUDIO OUT ×1
USB 接続端子 IMPORT/BACKUP ×1
LAN端子 ×1
CD(リッピングのみ)
対応ディスク:8cm/12cm
CD、CD-R、CD-RW
対応フォーマット:CD-DA
リッピングフォーマット
FLAC/WAV(44.1kHz/16bit)
ストレージ(ST-G30のみ)
512GB SSD*1
(2.5インチ、厚み7mm *2 シリアルATA 6Gbps)

[対応フォーマット]

USB オーディオ出力
PCM:最大 384kHz/32bit
DSD:2.8MHz/5.6MHz/11.2MHz
DLNA
FLAC/WAV/AIFF/ALAC:最大192kHz/24bit
AAC:最大 96kHz/320kbps
WMA/MP3:最大 48kHz/320kbps
DSD:2.8MHz/5.6MHz/11.2MHz
*1 ユーザーデータ領域460GB(容量の一部をデータ管理に使用しているためユーザーが使用可能な領域は512GB以下になります。)
*2 ストレージトレイ対応厚み最大9.5mm
ST-G30

メーカー希望小売価格 500,000円(税抜)

2019 VGP pure audio 金賞
2018 VGP pure audio 金賞
2017 VGP SUMMER pure audio 金賞
2017 VGP 金賞
2016 VGP 金賞
2016 VGP 金賞
フロントパネル・リアパネル リアパネルを拡大
ハイレゾ、gracenote、DLNA、COMPACT DISC

ストレージ容量を選択できるSSD非搭載タイプ

ST-G30L

メーカー希望小売価格 440,000円(税抜)

ST-G30L

SSDを非搭載としたST-G30Lは、好みのSSDを選択して装着可能。より大容量のストレージを選択するなど、使い方に合わせたカスタマイズが可能です。

● 推奨SSDモデル:Intel® DC S3510シリーズ

  • ミュージックサーバー ST-G30 ギャラリーイメージ1
  • ミュージックサーバー ST-G30 ギャラリーイメージ2
  • ミュージックサーバー ST-G30 ギャラリーイメージ3
  • ミュージックサーバー ST-G30 ギャラリーイメージ4
  • ミュージックサーバー ST-G30 ギャラリーイメージ5
  • 製品紹介Topページへ
  • 音楽を愛するあなたに、届けたい体験がある。Technics Sound Trailer
  • Technics 50th Anniversary
  • ものづくりページリンクバナー
  • Products movie
  • 商品は予告なく仕様・設計・外観・デザイン・価格等の変更を行う場合があります。
  • パナソニックは日本オーディオ協会のハイレゾ定義に準拠した製品にハイレゾロゴを冠して推奨しています。ロゴは登録商標です。
  • DLNA、the DLNA Logo and DLNA CERTIFIED are trademarks、servicemarks、orcertification marks of the Digital Living Network Alliance.
  • Gracenote、Gracenoteロゴとロゴタイプ、"Powered by Gracenote"ロゴは米国およびその他の国におけるGracenoteInc.の登録商標または商標です。
  • Intel、インテルは、Intel Corporationの米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。
  • DSD、DSDロゴ、DirectStreamDigitalは、ソニー株式会社の商標です。
  • e-onkyomusic及びロゴはオンキヨー株式会社の登録商標です。
  • AccurateRip™は、英国Illustrate Limited社の商標です。
  • DiXiMは、株式会社デジオンの登録商標です。

Back to top