高音質にオーディオ評論家も驚愕。テクニクスの多機能コンポ“OTTAVA ƒ”最新モデルを聴く

スピーカーや自動音場補正など進化

高音質にオーディオ評論家も驚愕。テクニクスの多機能コンポ“OTTAVA ƒ”最新モデルを聴く

PHILE WEB 2021年03⽉12⽇掲載

執筆:生形 三郎

テクニクス初のオールワンシステム、“OTTAVA ƒ”「SC-C70」がバージョンアップし「SC-C70MK2」として新登場した。本機は、トップパネルに美しいマニュアル開閉式のCDトレイを備えるとともに、ストリーミングサービスからBluetooth、ラジオ、ハイレゾファイル再生にまで対応する、高音質スピーカー内蔵の一体型システムだ。

この度のMK2化にあたっては、スピーカーを一新することによってさらなる高音質を実現するとともに、新たにChromecast built-inに対応し、スマホやタブレットなどのスマートデバイスとの、より緊密な連携を実現。洗練されたデザインはそのままに、新たにブラックモデルをラインナップするほか、シルバーモデルも筐体部分の色がダークシルバーに変更となっており、一層魅力的な製品へと進化した。

テクニクスのフラグシップコンポーネントにも投入されている「JENO Engine」をはじめとする高音質技術がふんだんに盛り込まれたSC-C70MK2は、“マイ・ファースト・テクニクス”としても人気を集めるモデル。今回は、そんな同機を自宅に設置し、その使い勝手から音質の魅力までを徹底検証したので、ここにそのレポートをお届けしたい。

SC-C70MK2
テクニクス“OTTAVA ƒ”「SC-C70MK2」。価格は10万円(税抜)

コンパクトさ/多機能はそのまま、より高音質にアップデート

まず、テクニクスブランド初の一体型システムとして発売されたこのシリーズは、スピーカーを内蔵したシステムとして、異例と言えるほどの高音質を備えているといっても過言ではないだろう。ふだん、さらに高額なハイエンドオーディオコンポーネントに数多く接している筆者ですら、その完成度には驚かざるを得ない。きっと、音にこだわるオーディオ好きの方々も同じ感想を持つに違いないと思う。

オールインワンでありながら高音質が担保され、コンパクトで有りながらも厚み豊かな低域を楽しませる。そして何よりも、誰でも使えるシンプルな使い勝手が実現されていることが素晴らしいのだ。

機能としては、天面に設置された手動の回転式カバーによるCDプレーヤーをはじめとして、AM/FMラジオ、USBメモリーなどUSB-Aコネクタを使用してのファイル再生、無線・有線LANネットワークを利用したファイル再生、SpotifyやDeezerなどのストリーミング再生、AirPlayやBluetooth接続による無線再生と、ありとあらゆる再生メディアに対応している。

SC-C70MK2 背面
CDやストリーミングなど本機だけでも様々な音楽ソースを再生可能だが、加えて背面に外部入力用の端子も装備する

アナログ入力も備えているので、例えばテクニクスの「SL-1500C」などフォノイコライザーアンプ内蔵のレコードプレーヤーを用意すれば、そのまま繋いでレコードを楽しむことも出来る。また、前面には3.5mmジャック用のヘッドフォン出力も備えるなど、まさに至れり尽くせりだ。

そして、音質に関わる最も重要な要素が、スピーカーやアンプだ。前面内部には、このSC-C70MK2用に新たに開発された、2cm径トゥイーターと8cm径ウーファーが組み込まれている。両者は振動板の材質や形状が見直され、初代モデルよりもさらにディテールに富んだ正確な音を実現する。

左から2cmトゥイーター/8cmウーファー/12cmサブウーファー
左から2cmトゥイーター/8cmウーファー/12cmサブウーファー

また、トゥイーター前面に配置される「音響レンズ」と呼ばれるパーツも、形状を見直すことで、より自然な音の拡がり感を得るなど、細部にわたる徹底的な音質改善が追求されている。極めつけは、本体底部に配置された12cm径のサブウーファー。これが豊かな低域再生の鍵を握っているのである。

トゥイーター前面
トゥイーター前面に設置された音響レンズ(写真右部分)も、MK2化にあたってアップデートされている

それらスピーカーを駆動するためのアンプは、テクニクスがハイファイアンプ用に開発した「JENO Engine」だ。こちらはフルデジタル方式のアンプで、少ない電力で力強い音質が実現可能なことが特徴。フロントのスピーカー用に30Wを2ch、そして、本体底部に配置されたサブウーファー用に40Wという大出力が確保され、十分な音量での再生を支える。

その名の通りデジタル方式なため、CDやハイレゾ、スマホからのデジタルデータを、スピーカー手前までデジタルのまま信号処理することも、本機の音が良い理由である。加えて、同じくテクニクスのハイファイアンプに搭載される「LAPC」という、スピーカーに合わせ理想的な振幅や位相特性を実現する処理が組み込まれていることも、完成度の高い音質を実現する秘訣となっている。

また先述の通り、設定が実に容易なことも本機の大きなポイントだ。新たにChromecast built-inに対応しているので、スマホやタブレットなどにGoogle Homeアプリをインストールし、そこからアプリの指示に従っていくつか画面を進めるだけで、すぐさま本機がネットワークに接続され、ストリーミング再生やネットワーク再生、そして、スマートデバイスからの遠隔操作が可能となる。

あわせて、本機の特徴の一つとも言えるのが「Space Tune」機能だ。開けた場所に設置するときは「Free」、壁際に設置するときは「Wall」、部屋の角などに設置するときは「Corner」と3つのプリセットが内蔵されるほか、本機では新たに内蔵マイクを用いて音場を計測し、自動で置き場所に応じた音質調整をしてくれる「Auto」モードに対応している。

さらに、テクニクス専用アプリ「Technics Audio Center」をインストールしたiOS機器があれば、そちらのマイクも使って、より精密に周波数特性の測定・補正を行うことも可能。これらの音質補正機能も、本機が誇る高音質再生に欠かせない要素だろう。

音質調整機能「Space Tune」画面
音質調整機能「Space Tune」は3つのプリセットに加え、空間を測定・自動補正する「Auto」にも新たに対応

オーディオ好きも納得の自然で心地よいサウンド

実機を前にしてみると、アルミトップパネルによる洗練されたデザインが美しい。天面に配置されたCDをセットするための回転式のトップカバーは、確かな質感があるとともに、あえてマニュアル式のところが、本機の意匠をより印象的なものにしている。加えてトップパネルはあえてボタンを増やさず、タッチキーを備えているところもそのデザインを引き立てている。

本体トップの操作ボタン
本体トップの操作ボタンもシンプルな構成となっており、エレガントなデザインをより引き立たせる

早速、その音質を試してみる。音を出して驚かされるのは、低音の豊かな張り出しと鳴りっぷりの良さだ。この筐体サイズからは想像を超える迫力に富んだ音が飛び出してくるのである。どのような音楽ジャンルを再生しても肉付きの良い音で、それでいて聴き疲れがない心地よい美音を楽しませてくれる。

バッハ・コレギウム・ジャパン(指揮:鈴木雅明)による「ミサ曲 ロ短調 BWV 232」のCDを再生する。楽器の音色は、あくまでもナチュラルで癖がなく、そして、スムーズかつ滑らか。ミサの合唱は豊かな低域に声が埋もれることなく、透明感ある歌声が浮かび上がる。本楽曲は合唱とオーケストラからなる編成で、数多くの楽器が混在するソースなのだが、音が濁らず、それぞれの楽器の存在を聴き取ることが出来るのである。

バッハ・コレギウム・ジャパン(指揮:鈴木雅明)「ミサ曲 ロ短調 BWV 232」
バッハ・コレギウム・ジャパン(指揮:鈴木雅明)「ミサ曲 ロ短調 BWV 232」

ホールに響く余韻も潰れずに見えてくるその実力は、一体型システムの中では間違いなくトップクラスの音質だろう。この辺りが、サブウーファーを備える2ウェイシステムの巧みさ、そして、JENO Engineをはじめとする、テクニクスが誇るデジタル処理技術の賜物なのだろう。

とりわけ、こういったシステムの場合、全体の音のバランスだけは良くても、電気的な処理でそのバランスを無理に作っていることが多く、音色に違和感があったり音が詰まったり、不自然な質感がどうしても出て来てしまう場合が多い。それだけに、先述のようなディテールに富んだ表現は期待できない。

しかしながら、本機ではそういった不自然さを感じさせずに、テクニクスブランドならではの美しい音の佇まいを持っていることが特筆に値する。それが、オーディオファンの方々をも楽しませてしまうと思った理由なのである。

SC-C70MK2 再生中
フォノEQ内蔵のアナログプレーヤーであれば、SC-C70MK2と直接繋いで再生することも可能だ

続いて、スマートデバイスからの使用をテストするため、Android端末に「Google Home」をインストールしセットアップを実施。設定は実に簡単で、アプリの画面指示に従って数ステップを進めるだけで設定が完了した。これだけで、スマホの音声を全てSC-C70MK2から再生する事が出来る。YouTubeなど、あらゆるコンテンツを快適な音質で楽しませてくれた。

加えて、「Technics Audio Center」をインストールして、ネットワーク再生で「ミサ曲 ロ短調 BWV 232」のDSD2.8MHzのハイレゾ音源を再生すると、ハイレゾならではの立体感ある音が展開され、空間性や楽器の定位などがよりリアルな位置関係で楽しむことが出来た。

さらに、置き場所に応じて最適な音質が得られるSpace Tune機能を使用すると、周囲の壁や机などからの反射を抑え、よりスッキリとしたサウンドが得られた。こういった一体型システムは、手軽な反面、置き場所による音の影響が大きいため、実に効果的な機能だと言える。

SC-C70MK2 ブラックモデル
前モデルはシルバー1色展開だったが、新たにブラックカラーもラインナップされる

一体型のオールインワンシステムとしてさらなるブラッシュアップを遂げたSC-C70MK2は、そのサイズや手軽さからは予想できないほどの高音質が楽しめるプロダクトとなっている。CDからハイレゾ、Bluetoothからストリーミングまでに対応する、テクニクスクオリティの質の良い音楽再生は、きっと貴方の生活に豊かな潤いをもたらしてくれるはずだ。



Back to top